【無料相談】お急ぎの方は、今すぐお電話を!03-6302-3063(平日9:00~18:00)
メニュー

やさしい相続税入門 相続に関する法律を誰にでも分かりやすく解説します。

2.相続税の死亡保険金に係る非課税限度

前回に引き続き、税制改正の内容解説です。
税制改正自体は、まだ正式決定ではありません。

相続税の増税は、基礎控除と呼ばれる非課税枠の
縮小だけではありません。

相続税対策を考えた場合、生命保険を使うと
有効的なケースがあります。

例えば、ツチヤさんのケース

  • お子さん二人と3人家族(奥様はいない)
  • お子さん二人は成人して社会人として自立している
  • 現預金は1億円以上ある

この場合は、1,000万円の保険料を払って、死亡保険金1,000万円の保険に入るのもアリです。

なぜならば、相続税には保険金を受け取った場合、非課税の枠があり、

現在は・・・

500万円×法定相続人数

ツチヤさんの例で言うと、1,000万円(500万円×2人)までの保険金には、相続税がかかりません。

現金そのもので相続すれば、相続税の対象ですが、保険金に形を変えると相続税はかかりません。

ところが、

改正により・・・

500万円×法定相続人数は変わらないのですが・・・

法定相続人で次の何れかの要件が必要になります。

  1. 未成年者
  2. 障害者
  3. 相続開始直前に相続人と生計を一にしていた者

ツチヤさんのお子さんは、この要件にあてはまりません。

となると、現金で相続しても保険金で相続しても相続税の対象になってしまいます。
相続人の生活安定という趣旨には則していますが。

生命保険は税金(相続税以外も)との相性は良かったのですが、ここ最近の税制改正は逆風ですね。。。

また、新たな対策が必要です。

【無料相談】お急ぎの方は、今すぐお電話を!03-6302-3063(平日9:00~18:00)

▲ このページの先頭に戻る